トップページ / 裏路地ナイトスポット情報 / ソウル近郊の名所 / 韓国おもしろ情報 / お問い合せ /

韓国風俗裏路地情報、韓国おもしろ情報、ソウルフルナイト(夜の風俗アガシ、置屋)情報、満載!!
ソウルのおもしろ情報満載!!

二つの顔を持つ梨泰院(イテゥオン)

イテゥオンは昼は観光客で賑わい、夜は日本人用ナイトクラブ・カラオケそして外国人のナイトクラブ・外国人用の置屋が裏路地にひしめき合う。
ハミルトンホテルの西側は昼には賑わうが10時をすぎると閑散とし、反対に東側は夜になるとネオンが華やかに灯り、活気を帯びてくる。
中心に位置するハミルトンホテル
ナイトクラブ・カラオケでは、多種多様なショウが行われ飽きない。韓国人が出入りするディスコもある。韓国ではディスコではブッキングというボーイによるアガシの紹介があるが、韓国語が話せないと無理かも?
たいていの日本人はカラオケでアガシをゲットするようだ。韓国語に自信のある人は一度クラブのブッキングに挑戦してみては!
カラオケでのショウ

カラオケの料金はビールセット(w80000)と洋酒セット(w150000)で異なる。

セットだけでは足りないので追加すると追加料金が加算される。店にはいるとアガシがソファに座っており、微笑んで挨拶をしてくれる。
お気に入りのアガシを指名し、一緒にカラオケ、ダンス、会話を楽しめる。アガシは日本語が上手だが、若いアガシはそれほどでない。もちろんお持ち帰りはOK!

ディスコの中も外も梨泰院はナンパ地帯

 ソウルの地図まで見ると、ソウル駅の右下にある梨泰院(イテウオン)。米軍基地の近く当場所柄、外国人を対象としたショッピングタウンとして発達してきた。英語がメインだが日本語でのショッピングもできる。当然、外国人が大勢くる。特に米軍兵などは夜になるとここを訪れる。

 さて、米軍兵がココに訪れるのか。それにはわけがある。カウンタバーがいっぱいあり、そこにいる女のコ目当て…というのもあるが、実は、この梨泰院を訪れる韓国人女性や外国人女性を目当てに来ていたりするのだ。

 梨泰院の地下に地下鉄6号線3番出口から歩いて5分程度の所にバー街がある。ここに行く女性は必ずといって良いほど、白人から深夜のデートに誘われる。king clubというディスコは 外国人男性、女性と韓国人女性しか入場できないディスコだ。ここにはナンパ目的の雄・雌でいっぱいだ。入場時にパスポートが必要になる。

 さて、さっそく梨泰院路を歩いてみると、ばっちり化粧をしたセクシーアガシが通りすぎる。カッコ良い日本の男ならここで日本のアガシをナンパするのも簡単だろうが、ここは韓国!韓国語か英語が必須だ。

。お話とダンスが目当てじゃないことを思い出し、ちがう店と探索。すると、アガシが声をかけてきた。「どこに行くの?だれか決まった女性がいるの?」と流暢な英語で。見ると身長160センチ位の細身のアガシが白いワンピースに黒のミニで立っていた。 

値段は一時間20万ウォン前後が多い。



日本人のためのエリア

消防署を過ぎて、5分ほど歩くと日本語で書かれたお店がずらりと並んでいる。カラオケだ。英語が苦手な日本人はここでアガシをゲットする事がほとんど。日本語が通じ日本びいきのアガシがここには2000人程待機しているのだ。アガシ料金は朝までのお持ち帰りで40万wから50万wが相場のようだ。アガシは日本語を流暢に話すので、コミニュケーションはバッチリだろう。

このエリアには日本居酒屋も何軒かあり日本で飲んでいるような感じだ。梨泰院の店はほとんどが日本語OK。屋台にも日本語で書かれているので、ちょっと一杯といった感じで韓国屋台の雰囲気を味わうのも良いだろう。しかし、韓国はボッタクリが激しいので価格は聞いてから注文した方がよい。

アガシをゲットし一緒に行くも良し、友人と飲み明かすのも良し、この町も眠らない街だ。


男のディ&ナイトスポット