トップページ / 裏路地ナイトスポット情報 / ソウル近郊の名所 / 韓国おもしろ情報 / お問い合せ /
ソウルの名所紹介

◆明洞(ミョンドン)
◆仁寺洞(インサドン) ◆梨奏院(イテゥオン) ◆東大門 ◆南大門  ◆南山タワー ◆板門店(38度線国境)
◆新村・梨大前(シンチョン・イデ)  ◆西大門刑務所    ◆古宮めぐり
 ◆ソウルについて ◆清渓川(ソウル新名所) ◆おまかショー
昌 徳 宮(世界遺産)景 福 宮
ソウル市内古宮めぐり 徳 寿 宮

 
徳寿宮はもともと成宗(ソンジョン・李朝第9代王、1457~1494、在位1469~1494)の兄である月山大君(ウォルサンテグン)が住んでいた邸宅でした。ところが豊臣秀吉による文禄・慶長の役が勃発した翌年の1593年、避難先からソウルに戻ってきた宣祖(ソンジョ・李朝第14代王、1552~1608、在位1567~1608)が月山大君が住んでいたこの邸宅を臨時の王宮として使用しました。最初は徳寿宮があった場所の名前が貞陵洞だったことから貞陵洞行宮(行宮=王の臨時宿所)という名前でしたが、これを光海君(クァンヘグン・李朝第15代王、1575~1641、在位1608~1623)が慶運宮(キョンウングン)と命名し、数年間、ここで生活したそうです。

その後1615年に光海君が昌徳宮(チャンドックン)へ居場所を移し、その後274年間、この王宮は主人不在の状態でした。しかし1897年、高宗(コジョン・李朝第26代王、1852~1919、在位1863~1907)が慶運宮を修理し、もとの王宮らしい姿に生まれ変わった後、俄館播遷(アグァンパチョン・1896年2月、明成皇后暗殺に身の危険を感じた高宗がロシア公館に避難した事件)の翌年の1897年に慶運宮へ居処を移したことで再び、王宮として使用されるようになりました。この時から高宗が皇帝として在位した1907年まで、徳寿宮は大韓帝国(1897年8月12日~1910年10月22日までの李氏朝鮮王朝の国名)の波乱万丈な歴史の中心舞台になったのです。1904年の大火災でほとんどの殿閣が焼失、1905年には重明殿(チュンミョンジョン)で日韓保護条約(乙巳条約)が締結されるなど、幾多の受難を経験した歴史的現場でもあります。高宗の次男である純宗(スンジョン・李朝第27代&最後の王。1874~1926、在位1907~1910)が1907年に皇帝に即位し、昌徳宮へ居場所を移したのですが、慶運宮に残った高宗の長寿を願う意味で徳寿と命名され、以来慶運宮は徳寿宮と呼ばれるようになりました。

中和殿
 徳寿宮の正殿で二層の建物であるが、1904年焼失され1906年に再建し現在の単層になった、宝物第819号で、二段の高い月台基壇が置かれ、薄石を敷いた広場には、文武百官の品階石が立てられている。八作屋蓋の5×4間で、端雅な正殿の内側には日月五岳屏風を背景にした竜床が座している。

      
主要行事

●工宮守門将交代儀式

▲3月末~12月(火曜日~日曜日)

●午前:守衛儀式
午後(2時~3時半):交代儀式

●徳寿宮家族音楽祭
3月~10月(毎月第3土曜日午後3時)

●韓国伝統文化芸術祭
4月~10月(毎月第3日曜日午後3時)

●伝統民族芸能行事
1日盆および正月の連休
※時間は変更になることがある
ボランティアガイド
●外国人へのガイド
火曜日~日曜日(月曜日以外)




住所 : 〒100-120 ソウル市 中区(チュング)貞洞(チョンドン)5-1
住所(韓国語) : 서울시 중구 정동 5-1
電話番号 : 02-771-9952
開園/館時間 : 
<3~10月>9:00~18:00(平日)/9:00~19:00(土日祝)、
<11~2月>9:00~17:30 ※入場券は観覧終了1時間前まで発売
休日 : 毎週月曜日
行き方  地下鉄1・2号線シチョン(市庁・City Hall・132/201)駅12番出口または2番出口を出て、
後方に20mいくと左側(2番出口から出た場合は右側)に徳寿宮の正門、大漢門があります。徒歩約1分。


昌 徳 宮(世界遺産)

ソウルにある5つの古宮の中の1つ、昌徳宮(チャンドックン)!1997年にはユネスコ世界文化遺産にも登録されました。

 昌徳宮は1405年、正宮である景福宮の離宮として建造された宮殿で、光海君(クァンヘグン・1571-1641・李朝第15代王)以降、約270年に渡って李氏朝鮮王朝の政務が行なわれた王の御所。全部で約135,000平方mの敷地には13棟の宮殿の建物があり、その北半分を占める秘苑(ピウォン)には28棟の楼閣があります。

この昌徳宮の魅力は、一年中たくさんの観覧客が訪れながら建物や自然の維持管理が行き届いていること。特に豊かな自然をそのまま生かして造った美しい宮殿の庭園、秘苑(ピウォン)の四季折々の姿はとても見ごたえがあります。
美しい自然の中の宮殿、昌徳宮の見学コースは、上りあり、下りありの1時間半歩いて回るコース。
  

  

住所 : ソウル市 鍾路区(チョンノグ) 臥龍洞(ワリョンドン) 1
住所(韓国語) : 서울시 종로구 와룡동1
電話番号 : 02-762-8262
開園/館時間 : 9:00~18:00(4-11月)
9:00~17:00(12-3月)
※毎時定められた時間にガイドの案内でのみ見学可。
休日 : 毎週月曜日(ただし公休日と重なった場合は除く) 

行き方  地下鉄3号線アングッ(安国・An-guk・328)駅3番出口をでてまっすぐ。徒歩約5分。 2)または5号線チョンノサンガ(鍾路3街・Jongno-sam(3)ga・534)駅6番出口をでて、目の前の通り(トンファムンロ)を左へ。徒歩約7分。 ソウル駅からタクシーで約15分。



景 福 宮

1395年(太祖4年)に創建された李朝の正宮!!
 景福宮は1395年(太祖4年)創建された李氏朝鮮の正宮。
 易姓革命で1392年、朝鮮を建国した李成桂(イ・ソンゲ)とその支持者たちが首都遷都を決定し、即位から3年後の1395年、高麗の首都である開京(ケギョン・現在北朝鮮にある開城(ケソン)の旧名)から首都を漢陽(ハニャン、現在のソウルの旧名)に移す過程で造られた宮殿で、現在の青瓦台(チョンワデ・大統領官邸)のような機能をしていた李朝の心臓部でした。

景福宮の「景福」は、「詩経」に出てくる言葉で、王とその子孫、すべての百姓が太平の御代の大きな幸せを得ることを願う、という意味だそうです。


 ソウル市内にある5大王宮の中でも12万6337坪(416,990㎡)と最も規模が大きく、また建築美に優れた宮殿と評価されるこの景福宮は、1395年(太祖4年)に創建され、現在は国の史跡第117号に指定されている古宮。

 また景福宮内には勤政殿(クンジョンジョン・国宝第223号)、慶会楼(キョンフェル・国宝第224号)、慈慶殿(チャギョンジョン・宝物第809号)、慈慶殿十長生煙突(シッチャンセンクルットッ・宝物第810号)、交泰殿峨嵋山煙突(キョテジョン・アミサンクルットッ・宝物第811号)、勤政門(クンジョンムン)と行閣(ヘンガッ・宝物第812号)、風旗台(プンギデ・宝物第847号)、敬天寺跡十重石塔(キョンチョンサジ・シッチュンソッタッ・国宝第86号)、法泉寺智光国師の玄妙塔(ポンチョンサ・ジグァングッサ・ヒョンモタッ・国宝第101号)などなど数多くの文化財(国宝7点、宝物-国宝と重要文化財の間11点)があります。また敷地内には国立古宮博物館と国立民俗博物館もあます。


   
  


復元工事は2025年に完了の予定!


景福宮は1592年(宣祖25年)、豊臣秀吉による壬辰倭乱(文禄・慶長の役)の戦火によって全焼するという悲運にみまわれ、それ以降、王宮としても不吉だという理由で273年もの間、再建されなかったそうです。しかし1865年(高宗2年)、興宣大院君(フンソンデウォングン)が再建に着手し、1868年(高宗5年)に創建当時の規模に復元。

同年7月には高宗が昌徳宮(チャンドックン)からこの地に王宮を移しました。しかし1895年(高宗32年)、閔妃(ミンビ)が日本人の暴徒に殺害されるという事件があり、翌年2月に高宗皇帝がロシア公館に避難したことで景福宮は王宮としての運命を終えることになりました。


1910年、日韓併合によって国権が強奪されるや、景福宮内にあった約200の殿閣のほとんどが壊され、慶会楼(キョンフェル)と勤政殿(クンジョンジョン)などの10棟のみが残り、日本が勤政殿の南側正面に朝鮮総督府庁舎を建てることによって、景福宮の景観は完全に破壊されてしまいました

。日本の植民地から解放された後の1945年から朝鮮総督府は政府の中央庁舎、その後は国立博物館として使われていましたが、景福宮復元事業(1991年6月5日起工)に合わせて1996年11月14日に総督府の建物が完全に撤去されました。そして現在も少しずつ景福宮のもとの姿を取り戻すために復元工事中。


この復元工事は2025年!にようやく終わりを迎えるそう!復元の基準は景福宮が最後に完成した姿であった1868年時点で、その当時の姿を再現する予定です。


住所 : ソウル市 鍾路区(チョンノグ)世宗路(セジョンノ)1-56
住所(韓国語) : 서울시 종로구 세종로 1번지 56
電話番号 : 02-732-1931
開園/館時間 : <3・4・9・10月>
9:00~18:00
<5~8月>
平日9:00~18:00/土日祝9:00~19:00
<11~2月>
9:00~17:00
※入場券は観覧終了1時間前まで販売。
休日 : 毎週火曜日(※名節時期を除く) 

行き方  1)地下鉄3号線キョンボックン(景福宮・Gyeongbokgung:327)駅5番出口を出るとすぐそこに景福宮があります。
2)地下鉄3号線アングッ(安国・Anguk・328)駅1番出口をでてまっすぐ。古宮の塀沿いに右へ行くと入口がある。徒歩約10分。
男のディ&ナイトスポット