トップページ / 裏路地ナイトスポット情報 / ソウル近郊の名所 / 韓国おもしろ情報 / お問い合せ /

韓国風俗裏路地情報、韓国おもしろ情報、ソウルフルナイト(夜の風俗アガシ、置屋)情報、満載!!
◆北緯38度線(ヨンジュッコリ)

38度線国境付近に米兵相手に発展した置屋街がある。
タクシーで行くと、往復7万wくらいかかってしまい、高くつくので電車とバスを使った行き方を紹介します。

新  村  駅 駅構内切符売り場 駅で出会ったアガシ

まずは、韓国鉄道「新村駅」から北へ向かう。月籠(ウォルロング)までの切符を購入。1100w(110円)
電車は1時間に1本。月籠間では役1時間。 ちなみに最終電車は、22時49分が最終です。

月籠駅駅についたらすぐ目の前にあるバス停留所で、132番、32番のバスに乗る

約20分くらいで、小さな町並みに出る。この看板が見えたらそのT十路で下車。
soul方面に歩いて行くと、川があり橋を渡ったらすぐ右手がヨンジュッコリだ。バス代
は600w(60円)
川沿いに立ち並ぶ置屋街は約200件。新築された建物が多く、駐車場完備で綺麗なエ
リアだ。 料金は、30分  7万wくらい。 ソウル市内の置屋よりは時間がやや長い。
日本人と見ると日本語で話しかけてくるが、実際には日本語はほとんど通じない。
エリア内にはスーパーや、衣装屋、屋台などもある。
アガシの部屋は広くて綺麗。シャワー完備。
アガシはここで生活しているので、彼女の部屋に行ったような気分を味わえる。
ヨンジュッコリは588のアガシ達と同様レベルが高い。
ソウル市内の置屋とは違って、情を感じる。

38度線置屋街

置屋チェック 
女のコのレベル ★★★★ 
サービス度 ★★★★★ 
安全度 ★★★ 
料金 ★★★★

 「ヨンジョッコリ」は北緯38度線、国境近くのパジュという街にある。ソウルから車で1時間30分、窓の外の景色が徐々に街から農村へとうつり変わり、やがて軍事施設が増えてくると部外者の日本人でもそこにただならぬ緊張感を感じとることができる。「ヨンジョッコリ」はそんな張りつめた空気の中で国境の警備にあたっている軍人たちのために作られた置屋街であり、いかつい男どもを相手にしてるだけあってここで働くアガシたちもかなりパワフルである。

 車でメインストリートを走ればあっという間に囲まれ、窓をたたいてくるし、車から降りて散歩しようものなら腕やカバンを引っ張って強引に自分の部屋に連れこむぐらいのパワーがある。しかし、先日行ったときは強引に引き込む事がなくなったようだ。
かわいいコがいるのも事実でプレイ時間も他の置屋より長く、シャワーもついている。やはり場所的にサービスはハイクオリティにならざるをえないようで、これが遠隔地であっても客が集まる理由である。
ソウル市民は地元よりこの地へ足を運ぶようだ。

 入り口から続く川沿いの道にはピンクの建物が一直線に並んでおりそこだけでも相当数のアガシたちからラブラブ攻撃を受けることになる。ここでパートナーを決めるのはまだ早い。つきあたりまで行き左に折れればそこにも同じような光景が、しかもこれは外回りにすぎず、車から降りて中へとつながる道を進むとさらに多くの店が密集しているのだ。奥には駐車場完備。最近出来た新しい建物がひしめき合っている。

 ここ「ヨンジョッコリ」では置屋を転々とするアガシや田舎からやって来て間もないとても初々しい新人まで年齢もルックスも様々なコが働いているので、選びがいがある反面、ちょっとした気のゆるみや妥協で散々な結果になってしまうこともありえる。だから可能なかぎり店を覗くことがその日の命運をわけるポイントになるわけだ。

 料金はショートが7万ウォン(約30分〜40分)ロングが14万ウォン(約1時間)、お泊まりが50万ウォン〜70万ウォンとなっている。もちろんここも女のコと直接交渉ができるので時間帯などによっては値切りも可能である。(要韓国語)

 プレイ前に部屋にあるシャワーで体をすみずみまで洗ってもらい、エッチを楽しむ。時間に比較的余裕があるせいかアガシのサービス度は平均して上々で、頻繁にここに通っている軍人やソウル市民たちを満足させるサービス。それがこの置屋街のウリである。




男のディ&ナイトスポット